Event is FINISHED

3/4(日)午後@所沢【キャリア教育公開シンポジウム】子ども・若者の”生きる力”を育むために、地域や家庭でわたしたちができること

Description

【キャリア教育とは“生きる力”を育むこと。わたしたちひとりひとりができることは?】


変化の激しいこれからの社会を柔軟に生き抜く子どもや若者を育むには、“社会総がかり”。
とりわけ“地域社会”の協力が必要です。

昨年、所沢では若者の自殺などの悲しい出来事が続きました。
子どもを守る視点からも“生きる力”について、一緒に考えてみませんか?

第1部では青年期教育・キャリア教育を専門とする児美川教授による基調講演。

第2部では児美川教授、中学校教員でもあった藤本所沢市長ほか、
地元で活躍される方たちをお招きしてパネルディスカッションを行います。

第3部では質疑応答を重ね、ご参加のみなさんとともにより深めていきます。

みなさまのご参加を心からお待ちしています。

*こくちーずでの申込をメインとしています。
こくちーずとあわせて100名となった時点で申し込みを締め切ります


・受付の種類に限らず、参加費はすべて当日現金でお支払いください(おひとり500円)
・当日、事前受付をお済の方との”入れ替わり交代”はできません

【当日のご案内】

第1部 
基調講演  「なぜ、いま”生きる力"が求められるのか」
 講師  児美川 孝一郎 氏 (法政大学キャリアデザイン学部教授、当協会理事)

第2部 
パネルディスカッション
 「”生きる力”を育むために、地域・家庭・学校・企業ができること」

 登壇予定パネラー:
  コーディネーター   児美川 孝一郎 氏
  パネラー       藤本 正人 氏 (所沢市長)
             指田 知美 氏 (フィットネスインストラクター)
             山下 勝也 氏 (『とこなび』代表)

                  
第3部  質 疑 応 答

【登壇者プロフィール】


藤本 正人 氏 (写真左)
1961年生まれ。所沢市長。1985年から10年間、国語教師として市内中学校、ニューヨーク日本人学校に勤務。1995年から2003年まで所沢市議会議員、同年から2011年まで埼玉県議会議員を務める。同年10月の所沢市長選挙で初当選し、所沢市長に就任。趣味は釣り、温泉巡り、おいしいものの食べ歩き、サイクリング、マラソンなど。

児美川 孝一郎 氏 (写真右)
1963年生まれ。法政大学キャリアデザイン学部教授。専門は、教育学(青年期教育、キャリア教育)。近著に『「親活」の非ススメ“親というキャリア”の危うさ』、『キャリア教育のウソ』、ほか多数。NHKの情報番組「あさイチ」では、『働かないわが子 そのとき母は…』の放送回に出演。授業の合間をぬって全国各地の学校での講演や教員研修の講師をつとめる。学生・院生からは、「親しみやすく気さくな人柄であるだけでなく、わかりやすい!」と定評がある。


【主催団体・お問い合わせ先】
一般社団法人 日本キャリアパスポート協会
http://www.career-passport.net/

 TEL:048-650-3730
 e-mail:info@career-passport.net


【後援】 

所沢市教育委員会、株式会社C-プロジェクト(とこなび)、株式会社ウィザード

【協会発行のブックレット】  *会場内で販売予定です
 第1弾 『キャリア教育の”ホント”』、
 第2弾 『わが子に”生きる力”を育むために -親ができる5つのこと-』

こちらのサイトから事前購入ができます↓↓
http://www.career-passport.net/

***********************************************************
\「キャリア教育とは、”生きる力”を育むこと」が合言葉/
一般社団法人 日本キャリアパスポート協会
HP http://www.career-passport.net/  
FB https://www.facebook.com/JCPA.jp/
***********************************************************

Sun Mar 4, 2018
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
西武所沢店8F「ワルツホール所沢」
Tickets
当日支払 500円 FULL
Venue Address
埼玉県所沢市日吉町12-1 Japan
Directions
西武池袋線・西武新宿線「所沢駅」西口 徒歩約1分
Organizer
一般社団法人 日本キャリアパスポート協会
196 Followers